スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本手話セミナーPARTⅡ終了いたしました!

9月27日(日)エルパーク仙台にて開催いたしました。「日本手話セミナーPARTⅡ」

たくさんの仙台市民・県民の皆さんに関心を寄せ参加いただき、米内山先生の手話の世界に惹きこまれながら4時間という長時間の講演セミナーにも関わらず、最後までご参加いただきまして誠にありがとうございました。

今回先生のご講演は、「手話格差」「手話翻訳」を中心に講演していただきました。

「手話格差」?聞きなれない言葉ですね。今の日本社会において手話=福祉という固定観念が先行し、そのためいつまでたってもろう者の立場や手話という言語が福祉から抜け出せないでいる。

その代表的なのが、ろう教育の現状。少しおどろいたのは、現在の鳩山首相のお父さんが昔文部大臣であった時期に、日本のろう教育の方針として口話教育を訓示したことはつとに有名であったということ。それによって、聾学校では手話が閉鎖され、口話教育中心となってしまった辛い過去があったことだと、2度と繰り返してはならない、そのため自ら手話教育中心のモデル学校として「明晴学園」を設立し、現在一生懸命ろう教育の未来と夢に向かって走っている米内山先生のスケールの大きさに圧倒されてしまいました。

また、翻訳の部分では、日本手話がなぜ浸透しないのか?なぜろう者の使う手話が読み取れないのか?なぜ手話通訳は読取がにがてなのか?を手話文化村の翻訳道場というDVDを見ながら学習しました。「得意」というひとつの単語だけでも状況に応じて使い分けていることを、繰り返し、解説しながらお話していただきました。参加された皆さまからは「なるほど!」「へえー!」という目からうろこが出た?ようなうなずきが多くあり、あらためて日本手話の魅力を再発見されたことと思います。

今回残念ながら参加できなかった皆さん、もっと学びたい!もう一度日本手話を学びたい!という方々のために次回またセミナーが実現できるようにスタッフ一同頑張って取り組んでいきたいと思います。応援のほどよろしくお願いいたします。

日本手話セミナー2



スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

おじいさん

現・鳩山首相の「おじいさん」が文部大臣だったときに、口話教育が始まったのです。苦しい、教育を強いられて来た過去。いま、明晴学園への思いは、大きい!と感じます。
亡くなられた多くの先人たちのためにも明晴学園の存続は必要です。
日本手話の価値を認識していくためにも。
スタッフのみなさん、本当にお世話さまでした。
私が誘ったある友人は、
・・初歩から、米内山氏の指導法が欲しかった!と。
フロムハートへ期待しています。
アナログ時計
プロフィール

ゆた坊

Author:ゆた坊
聴覚障害のゆた坊部屋へようこそ!
出身:東北人
趣味:スポーツ、手話
性格:天真爛漫

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
986位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
273位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
聴覚障害者関連情報リンク
聴覚障害者の情報保障や生活向上に役立つリンクを収集しています。
FC2チャット
最寄り駅サーチ


by ajaxblogparts
QRコード
QR
goo辞書
goo 辞書


募金クリック
みんなで 地球を救おう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。